きもの

浜松町で開催の「染芸展」へ。

虫たちの宴会~。
楽しすぎる、可愛いすぎる~。でもリアルすぎない。マンガチックじゃない。
確かな技法で制作されているから、ユーモアに知性がある。
写真から欠けちゃったけど、酔っ払って川に落ちた虫も下に。  みやざも仲間に入れてくださいっ!(笑)
こちらは“青年部”、つまり若手作家(までは、まだいっていない)の出品作品。
宮沢賢治の世界を彷彿。今回、若い作家たちの作品を見ていると、あきらかにコミック、アニメ世代だなと思える感性を感じ取る。そのひとつを挙げれば、柄が“イラスト”的。決してそれが悪いということではなく。これからのきものびとのテイストを、受けとめる、かもしれない。

カテゴリー

タグ一覧