次くる!スタイル&コーディネート先取り解説

『月刊アレコレ』vol226 発行になりました!

(vol225から発行日が5日→10日になりました)

今号は、めっちゃ楽しい、タメになる参考になる、

コーディネート特集です。

日本最大といえるきものイベント、東京キモノショー。

メインコンテンツのキモノスタイル展は、

約140点の展示からみる、きもののコーディネート。

これを担当・監修した本誌編集人があらためて解説する、

「次くる!」スタイルやコーディネート。

誌面版の解説ツアーです。

来場できなかった方も、来場した方も楽しめる、

タメになるコーディネート特集です。

ポイントは、カジュアルだけでなく、礼服の黒紋付、

留袖の着こなしについても取り上げているところ。

黒紋付は喪服ではなく、もともとは祝儀・不祝儀、

両方に広く使える礼服であったという視点に基づいた

令和らしい着用の提案。

黒留袖も同様に、白&白の小物合わせではなく、

監修した編集人のコーディネートでお届けしています。

「黒留袖は夏でも袷でよし」という傾向がうかがえる昨今。

諸事情はともかく、素晴らしいものは残したい。

上の写真は戦前の絽の留袖で、刺繍の柄も生地も素晴しい逸品。

いまよりシャリ感の強い駒絽で涼しかったと思われます。

帯揚は白でなく、あえて桔梗色を合わせて令和風に。

黒留袖の次は、フード付きデニムきもの(この振り幅が『月刊アレコレ』、編集人ですww)

東京キモノショーのオフィシャルサポーター・こたこたさんの出展で、

和裁士・梅田みかさんデザインの作品。

きものにパーカーをインする着こなしはみますが、

きものにフードを付ける!発想。きものはどんどん自由になります。

そして東京キモノショーの解説そのものは、

編集人のユーチューブ「きものトレンドチャンネル」でも

解説しています。来場者のおしゃれさんのコーディネートも参考になりますー。

チャンネル登録していただけると、編集人大いによろびます(笑)。

そして、オマケとして(笑)、今年の大河ドラマがより楽しめる、

装束のウンチクを入れた、十二単と束帯のナカミも紹介。

今年の東京キモノショーのテーマは「きものと装束と日本の色」です。

ウンチクがネタになりますよ(笑)。

月刊アレコレは書店では売っていません。

ご購読は送料無料の年間購読がお得です。

カテゴリー

タグ一覧