月刊アレコレ

vol.133特集「きもののルール(1)」ー正解はひとつじゃない

告知が大変遅くなりました!

創刊11年目。月刊アレコレvol.133、発行しました。

年間講読、絶賛オススメ中です!(笑)

 

 

さて、今号の特集は、

今年に入ってから皆さんから

よく問い合わせがあったり、聞かれたりした

「きもののルール」(的なこと)です。

 

まずは、やっぱりの「フォーマル」から。

 

ルールの特集というと、

皆さん、待ってましたとばかり、

 「知りたかったの」

 「何を着ればいいの?」

 「これはNG?」

という言葉が続くのですが……

 

IMG_8492 のコピー.JPG

 

今回の前後編の特集は

ルールの特集でも、ちょっと違うのです。

本特集でワタクシみやざこと、

編集人記名の特集の主旨があります。

こちらを読んでいただけますか。

 

=================

 

“ルール”は永遠か? (編集部 細野美也子)

 きものを着る上でハードルの一つとされる、ルールやしきたり。“ルール”という言い方をしますが、実際のところ、それは“慣習”的なものです。慣習とは「ある社会で歴史的に成立・発達し、一般に認められている、伝統的な行動様式。ある社会一般に通ずるならわし」と説明されています。「結局は不文律の社会的ルールではないか」、と言われる向きもあるかもしれません。ただ慣習は、大きなスパンのなかで実生活や社会的背景に歩をそろえて、“自然”に変化していく部分があります(商業的な意図があったとしても)。

 何が言いたいかというと、いま私たちがきものルールと考えるものは、“絶対”ではないということです。いえ、だから無視していいと言っているのではありません。その時代で共有する価値観や美意識、またそれを良しとする精神性も含めて、ルールに添う美しさは普遍的なものです。後世には不自然と見えるものであっても、その時代の中で共有された特徴的な様式や美意識は、古今東西存在します。つまり、「絶対ではないけれど“ある時代に運用されるルール”」です。

 実際、現在でも袷・単衣の更衣や式服として着用する種類の弛緩化、紋など格の取り扱いも“面取り”されて丸くなってきています。しかし、自分の立場や地域性でその運用は一律ではありません。だからこそ、着るもので着る人の気持ちを表すことができるのです。フォーマルであってもカジュアルであっても。ゆえに「正解」を一つ求めるのはムリがあるということを認識してほしいのです。現実に所持しているきものの種類や枚数が、圧倒的に少なくなってきているということもあります。今回の特集の意図は、いま、きものを着ている人たちがどういう“ルールの運用”をし、どう考えているかを広く知ることで、自分のルールの置き所を見つけるということです。

 

======================

 

つまり、基本には触れますが、

「これがいまどきの、ルールです!」と

声高にお伝えする特集ではありません。

 

現実の話をします。

このブログでも取り上げた、

今年年頭NHKの「朝イチ」のきもの特集。

一応、NHK側の発信として入卒は

「色無地が正解」→ (NHKが考える)一般的なルール

「訪問着はNGなの!?」 → 色無地持っていない・訪問着で出席したい

 

そのズレは明らかでした。

つまりはこういうことなのです。

しかも、このときは、紋の有る無しについては

触れずに単に「色無地」でした。

これはわかるのです。

ここ鬼門(鬼紋?ww)の紋に触れると、

収集がつかなくなるからでしょうね。

 

 

 

NHKの「色無地が正解」はひとつの見解、

局側が考える「ルール」だったかもしれませんが、

実際に入卒に出席する親たちの立場では、

「自分に落とし込めない」ルールだと

思った人が多かったということです。

 

どちらが間違っているとか、

正しいとか言うことはないと思います。

ただ、後者が(訪問着派)が

故実になりつつあるということで、

この10~20年が移行期といえるでしょうか。

一例ですが。

 

ということで、

ちょっと前振りが長くなりましたが、

今回の特集も、

きもののを着る人たちの声からうまれた、特集です。

 

月刊アレコレは毎月5日発行。

本屋ではご購入できません。

お申し込みは こちらからポチッとどうぞ。
年間購読(税込み 送料無料)で毎月お届けします。

カテゴリー

タグ一覧