月刊アレコレ

月刊アレコレ最新号特集は「ゆかたレスキュー!」

アレコレvol.132、本日発行です。

 

 

 

 

今号の特集は、「ゆかたレスキュー」!

7月に入ったけど、

「まだゆかたの準備できてない!?」

 

でも、でも、でも!

花火はゆかたで行きたい。

 

彼に見せたい。女子会で着たい……

そんなアナタのための「駆け足」で準備ができる

レスキューな内容をギュッとまとめました。

 

 

IMG_7416.JPG

 

そもそも、何を用意すればいいの??

何が必要なの?

どこで買えばいいの?

とゆーか、ゆかたってどうやって着るんだっけ?

帯って、どうやって結ぶんだっけ?

 

ふふふ。ご安心めされ、おじょーさま、おねーさま(笑)。

そんなこんなもぜーんぶ、入れてます。

 

 

27_yukata.jpg

 

 

もうゆかたは、ちょちょいのちょいよん♪という(笑)

自立したきもの女子の皆さんは、

今夏はカレシ、オット、ムスコを

ゆかた男子に仕上げてくださいませ。

 

はい! 男子の着付けと簡単帯結びもサラリと

ご紹介しておりますです。

(至れり尽くせりww)

 

IMG_7322.jpg

 

 

で、これから買いに走りたいというかたのために、

ワタクシがレクチャーする、素材のお話です。

ゆかたの素材、基本は綿です。

が、綿100%といっても、いろんな綿があります。

「いろんな」の意味は、

糸質から、糸の撚りから、織り方など。

糸に関しては専門的になるのでここでは省きます。

 

わかりやすい違いは「織り方」です。

昔から多いのが、コーマ地という平織りの生地。

平織りというのは、タテ・ヨコの糸が

交互に交差する、織りの基本です。

交差する糸を2本使いすると

平織りの一種で斜子織りになります。

 

因みに、織りの基本を三原組織といい、

平織り・繻子(しゅす)織り・綾織りです。

これはきもの生地に限らず、

テキスタイルにおける三原組織です。

 

このコーマの生地で藍一色染めだと、

いかにもTheゆかた という江戸前な雰囲気です。

コレです↓

 

DSC07375.JPG

 

 

コーマ以外でゆかたで見るのは「綿紅梅(こうばい)」。

凹凸のある生地=勾配 からの当て字だと言われています。

生地に小さな□(四角)ができる織りのゆかた、

みたことありませんか?

コレです↓

 

080.JPG

 

 

これは細い糸と太い糸を使っていて、

そのために凹凸ができるのですが、

肌に触れる面積が少なくなるので、涼しい。

 

この「肌に触れる面積(の少なさ)」というのは、

夏の素材で重要視される条件の一つです。

テロンとした平坦な織り生地は、

ぺたりと肌に着地します。つまり肌全面に密着。

これ、暑いですよね。

生地がなるべく肌に触れないように工夫したわけです。

それが「紅梅」です。

 

同じ発想で工夫されたのが「楊柳」です

「縮(ちぢみ)」とも言います。

コレ↓

 

DSC07379.JPG

 

いわゆるシワ加工です。

これも紅梅と同じで、しわしわの凹凸ができることで、

肌が生地と密着しない。

この加工は夏きものでは特に多く、

麻や綿麻、正絹でも、「縮」加工のものがあります。

 

ここでは「加工」といいました。

そう、この楊柳または縮は、

織りの違いではなく「織る前」「織ったあと」に

シワができるような作業工程を加えるので、

「加工」になるのです。

きものファンに大人気の「小千谷縮」は

素材が涼しい麻で、かつシワ加工がしてあるので、

夏いち、涼しいきものといえるのです。

 

で、最後が「綿絽(めんろ)」。

これは織りの名前になります。

はい、こちら↓

 

 

158.JPG

 

 

絽織りというのは、絡み織りの一種で、

糸を絡ませる織り方です。

搦(から)み織り・捩(もじ)り織りともいいます。

 

ざっくりわかりやすく言うと、

糸を絡ませたところに絽目(ろめ)という、

空間ができます。その空間がある分、

涼しいということです。

絡ませる間の糸の本数で、

三段絽(平織りした糸3本置きに絡ませる)、

五段絽(糸5本置きに絡ませる)、

七段絽などがあります。

 

絽織りや綿紅梅は「薄物」という、透ける織物になります。

しかし、絽織りは綿紅梅と違って、

凹凸ができる織りではありませんが

絹糸より綿糸のほうがラフなので

肌への密着感は絹ほどではないと思います。

 

 

以上、織りや生地で選択する場合でのお話です。

ここでもう一つ、重要な選択ポイントがあります。

 

織りではなく、「素材」での選択です。

「ゆかたはほとんど綿」と、先にいいました。

 

綿以外では「綿麻」があります。

綿と麻の混紡です。

正しくいうと混紡と交織があるのですが、

これもちょっとここでは割愛します。

 

いまほとんどが混紡の綿麻です。

一般的には綿70%、麻30%の割合が多い。

(これも糸で全然、質が違います。言い方悪いですが

凡人の70%と、天才の70%のレベルが違うようにww)

 

きもので着るなら(いえ、ゆかたでももちろん)、

綿麻のほうが暑くない!

涼しいか!? といえば、夏は何を着ても暑いのです(笑)。

 

しかし、綿と綿麻では、

暑さの度合いがあきらかに違います!

 

 

きものでも着ることと、

シーズン長めに着られることを前提にした

編集人的なオススメは、

  • 綿麻
  • 綿なら紅梅か楊柳
  • 柄に金魚や団扇など、いかにも“Theゆかた柄”でないもの

いま、「ゆかたをきもの風に着る」情報が発信されています。

決して新しい提案ではなく、もう10年以上になります。

その内容が、どうも帯や半衿、足袋を着けるという、

見た目のビジュアル変化だけを取り上げることが多く、

こういう生地のことはほとんど、触れられていないようです。

 

「好み」だけでよいのならいいのですが、

はっきりいって、コーマのゆかたを

下着を重ねてきものとして着るのは、

暑くてムリ!と、個人的には断言しちゃいます。

特に湿気があるときは耐え難い。

 

綿よりは綿麻。

麻は最高ですが、柄の種類、価格、透け感等々、

一般的に考えるゆかたのジャンルから離れる部分多し。

 

 

私は夏は、麻きもの6割以上、

綿麻と綿が約3割(うち8割が綿麻)。

正絹が1割程度です。

 

あ、それとせっかく暑さ対策も兼ねてゆかたの

素材を選んだら、帯もチェックしておきます。

 

 

IMG_7758.JPG

 

 

デザインはおいて、素材中心で話します。

ゆかたようとしては、ポリの帯が豊富です。

綿、綿麻、麻の半巾帯がいいと思うのですが、

仕立てのことを考えると、
ポリも天然素材も一長一短はあります。

 

最近、リバーシブルが人気です。

このリバーシブルは

仕立てで両面を縫い合わせているわけですが、

間に「帯芯」が挟まれているものがあります。

型染め、絞り、プリント柄のものなどは

ほとんどが入っています。

これも暑さの原因にはなります。

 

芯の入っていないのが、

織りのリバーシブル。

こちらは正絹かポリが多くなります。

 

しかし、きものとして、さらには、

秋冬のきものにも使いたいという視点であれば、

多少、高くても正絹はオススメです。

 

こちら↓ レトロテイストデザインの両面選べる帯です。

 

 

IMG_7797.JPG

 

締りの良さでいうと、

木綿や正絹がGood

あーーー、いろいろお伝えしたいことが山盛りです(;´д`)

 

んでも、あまりに長くなりますので、

とりあえず本日はこのへんで。

 

編集人の制作する月刊アレコレは本屋ではご購入できません。

お申し込みは こちらからポチッとどうぞ。
年間購読(税込み 送料無料)で毎月お届けします。

 

皆さん、今年、キラキラな良い夏を

お過ごし下さい。

 

 

 

カテゴリー

タグ一覧