月刊アレコレ

月刊アレコ 最新号は注染手ぬぐい!

月刊アレコレ vol.131 発行しました。
131アレコレウェブ表紙.jpg
で、ここでびっくり\(◎o◎)/!
なんと前号最新号のご案内から
更新していなかったナマケモノがいたようです。
すみません、お前だよってハナシです(;´д`)トホホ…
まじめになります~。

 
で、今号は「手ぬぐいワールド」。
 
注染のおもしろカワイイ江戸手ぬぐいを紹介。
 
メーカーさんから手ぬぐい専門店まで紹介。
 
もちろん、手ぬぐいもいろいろ。
7A3A7666 のコピー.JPG
 
さらには、イラストレーターで和キッチュオーナーの
 
ぺたこさんこと、石橋富士子さんに、
 
手ぬぐいで作る簡単バッグと、懐紙入れを
 
教えていただきました。
 
懐紙入れは折り紙のように折って、
 
両端をザクザク縫うだけ。
 
解けばまた手ぬぐいに戻るエコ仕様です。
表裏のない「注染手ぬぐいだから作れる」
懐紙入れです。

IMG_6553 のコピー.JPG
 
 
 
話はちょっと変わりますが、
 
かつて、浮世絵は美術品として
 
全く認められていませんでした。
 
 
版画ですから、いってみれば印刷物。
 
何百枚も同じものが刷り出されるわけです。
 
明治維新以後、日本に上陸した異国の人々にとっては、
 
何百年も鎖国をしていた国の、
 
いかにもエキゾチックでミステリアスな雰囲気が伝わる
 
格好の土産ものだったのです。
 
なかにはいち早く、浮世絵のユニークさに目をつけ、
 
コレクションする外国人も多数現れました。
 
 
 
それが、現在、貴重な浮世絵コレクションが
 
海外に多いという結果になっているのです。
 
 
 
ましてや、温故知新で過去の遺産を整理する美術界においては
 
江戸時代は時系列ではまだまだ最近。
 
“古い”ということが大きな価値基準だったのです。
 
 
江戸時代が注目を集めるようになったのは
 
つい最近といってもいいくらいです。
 
 
 
で、何がいいたいかといいますと(笑)、
 
注染の手ぬぐいって、浮世絵みたいだと思う、
 
というハナシです(笑)。
 
それも、私が思うだけなのですが(^_^;)
 
DSC00789 のコピー.JPG
 
庶民の日常に入り込んだ敷居の低い雑貨です。
 
まったくもってタオルそのものの役割です。
 
しかし、だんだん違う価値観の中で
 
デザインされ、製造されて、
 
再び注目を集めるようになりました。
 
そういう意味では浮世絵のように
 
レッドリストに乗る前でよかった(笑)。
 
 
 
もちろん、浮世絵と違ってまだまだ商品としては出回っています。
 
でもゆかたが長板から注染にとって代わったように、
 
注染もいまやインクジェットに押されてはじめていますが、
 
時代の流れと足早な文明発達の中で暮らすということは、
 
そういうものを受け入れることでもあるのです。
 
 
 
だから、今回は注染手ぬぐいに特化した特集になりましたが、
 
プリント(インクジェット等)が
 
悪いと言っているわけではありません。
 
 
 
そもそも私たちがそういうものを求めるところから
 
端を発するものなのですから。
 
 
ただ、なんでもそうですが、
 
違いを知って好きなほう、目的(事情)にあったほうを
 
選べばいいと思っています。
 
 
なので、今回は注染手ぬぐいを取り上げることで、
 
プリントとの価格の差や、品物の違いを
 
理解していただければと思いました。
 
 
いつもながら、大分脱線してしまいましたが(笑)、
 
 
とにかく手ぬぐいは優秀な働き者ってことです(≧∇≦)
 
 
 
で、この月刊アレコレのお申し込みは
 こちらからポチッとどうぞ。
年間購読(税込み 送料無料)で毎月お届けします。
「婚礼衣装着付け講座」も申し込み受付中です。
講座はこちらから。

カテゴリー

タグ一覧