月刊アレコレ

木綿・上布(麻)・芭蕉布等々、最新号は「保存版 全国太物事典」

月刊アレコレvol.127 入稿完了。校正を経て下版です。
 
さて、発行前に今号の告知をば。
先に言っておくと、月刊アレコレの発行告知のはずが、
またまた太物のお話になってしまうという……病気です(^_^;)
で。こちら。

 
  保存版 全国の太物事典」
 
   知って、着て、残したい
  木綿・麻などの太物の産地や種類を紹介
 
片貝木綿_O7O2303.JPG
カジュアルなきものを楽しみたい人にとって、
 
太物はなくてはならないマストアイテム。
 
もちろん、絹素材はみんな大好きだけど、
 
絹物の代替で太物を着ているわけではないのです。
 
ベクトルが違うのです。
 
きもの生活の半径を広げてくれるのが、太物。
 
この保存版・太物事典で、新しい布と出会ってください。
 
 
で、その「着る」に絡んで、ここからちょっとマジメなお話です。
 
 
かつては絹物を扱う呉服屋とは別に、
 
太物を扱う店、太物屋がありました。
 
絹物と比べて、糸が太いことから、巻きも太くなったので
 
木綿、麻、昨今であればウールも入ると思いますが――太物と呼ばれます。
 
カジュアルきものが人気になってから、
 
それら太物の認知度は上がってきています。
 
しかし、残念なことにそれ以前の、
 
きもの離れとフォーマル全盛時代の空白期間が、
 
太物産地を徹底的に細らせました。
 
まずは全国の産地を知り、種類を知り、
 
機会があれば手に取り、着てみてほしい。
 
そんな思いで、太物全国mapを作成、最新と思われる情報を一元化しました。
 
全国の木綿、麻、上布、芭蕉布、科布、藤布等々。
 
57種類31点の写真で紹介しています。
藤布(帯)
2016-01-22 16.52.50.jpg
 
このMAPでわかること。
 

  • 太物が作られている全国の産地とその位置、種類

 

  • 織物としての特徴、解説

 

  • 参考入手難易度(公の統計ではありません)

 
かつて、ない! 太物MAP太物情報だと思います。
特に、「参考入手難易度」が目玉です。
ところで、「入手難易度」は何をもって判断するか―
 
木綿の取扱いが多いことで知られる、監修の「染織 こだま」の児玉氏に、
 
現在の仕入れ状況や産地とのやり取り、各種情報など、
 
現場での感触で判断していただきました。
 
アナタ個人の難易度ではありませんよ(笑)。
 
個人の難易度のいちばんは価格だと思います。
 
でも、身も蓋もない言い方になりますが、
 
潤沢な予算さえあれば購入できるものは、
 
難易度が高いところにありません。
 
例えば、芭蕉布↓  着尺だと何百万もします。
2016-01-22 19.19.48.jpg
2016-01-22 19.25.39.jpg
 
実際手間もかかるので生産数も少ないですが
 
(その希少性ゆえ高価なのですが)、
 
きちんと流通に乗っているので、
 
買おうと思えばデパート、高級呉服専門店で購入できます。
 
(何件か訪ねたり、好みがあったりは別にして)
 
数が少なくても、実際買える人も少ないので、
 
需要と供給バランスとしては、
 
完璧ではないかもしれませんが、成立しているはずです。
 
なので、3段階に分けると、芭蕉布は入手難易度は低いほうになります。
 
つまり入手しようと思えば、ほぼ100%入手できるからです。

 
難易度は、
 
《ある程度確実な年間生産数+流通システムの成立》 
で判断することになります。

 
能登上布や銚子縮などは、現在、織元が1社です。
2016-01-22 17.04.52.jpg
 
ですが、会社としてきちんと供給できるシステムが確立されていれば、
 
稼働している現段階では難易度が、低いか、中くらいです。
 
しかし、後継者がいなくなったり、極端に需要が落ち込んだりすると、
 
廃業に追い込まれる可能性はあります。
 
織元が1社というのは、そういう危うさがあります。
 
 
本来は、織物が地場産業として地域を支えるくらいになって、
 
はじめて「産地」といえると思うのです。
 
正しい意味での産地は、現在、愛知の有松・鳴海絞や、
 
福岡の久留米絣、山形米沢の米織、徳島の阿波しじらなどでしょうか。
IMG_3962.jpg
だからといって、技術を「残す」ためだけに、
着る人に一方的に何かを託すのは、違うと思うのです。
まずは知ってもらい、興味を持ってもらうことが第一歩です。
そして、そこに「自分なりの価値」と
着るものとしての「おもしろさ」「たのしさ」を
見つけられる商品であることが大切です。
……の、ためには、きもの屋さんたちにも当然、知ってほしい!
(これの特集はきものの関係者にも絶対、
見て、読んで、識ってほしいのです)ここは ☓知る ◯識る で。

私もウール、麻、そして木綿は、
 
川越唐桟、阿波しじら、久留米絣、会津木綿、
 
三河木綿、保多織、備後絣と、得体のしれない木綿も(笑)、
 
多いかどうかわかりませんが、まあまあ着ています。
IMG_3701.JPG
 
 
それでもデータを取りまとめていて、
 
初めて聞く織物もたくさんありました。
 
どこかで出会うかもしれない、そのときに、
 
◯◯木綿、◯◯織り、◯◯縞です、とか言われたときに、
 
「あっ!アレは、これか!?」と言えたらたのしみ倍増(笑)。
 
 
 
今回の特集は、5月28日に宮崎県で開催される
 
「第1回太物サミット」と連携を組んだ特集です。
 
太物産地が薄くなり、ほんとうに擦り切れて
 
私たちが着られなくなることがないように。
 
こちらへもお出かけください!
 
編集人もシメキリンを早めにやっつけて(笑)行く!予定。
 
返り討ちに遭わないよう、祈ってください(笑)。
 
 
 
 
こんな編集人が作っている月刊アレコレは
 
書店では購入できません。
 
こちらから年間購読をどうぞ。ポチッと(笑)。
 
バックナンバーもご購入いただけます。
法人のお取り扱いも承っております。お問い合わせください。

 
ただいま「大竹恵理子のプロのための着付けブラッシュアップ講座」、
 
受講受付中です。2月14日はまだ空きがございます。(13日は満席)
申し込みはこちらから。

 
この講座についてのブログは、こちらを
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

カテゴリー

タグ一覧