月刊アレコレ

新しいきものジャンル “5-9きもの”ごっきゅうきもの デビュー!

 

「着る人委員会」着る人の声が届いた――


新しいきもののジャンル 5-9きもの(ごっきゅう きもの)、デビュー!
 


    「単衣の新セオリー宣言」


  
     5月から9月まで着まわす、5ヶ月のおまかせ単衣
  
     綺麗で清潔感のある、大人のレトロテイスト。
      (コレ、絶対欲しかったでしょ!?)


 


5-9きもの”って?


まずは、このちょっと変わった名前のきもの。このコはどんなコ?と、皆さん思いますよね。


5-9きもの”はネーミングがそのまま、きもののコンセプト。


5月から9月まで着られるきもの」です。


 


え? 5月は袷でしょ。6月と9月は単衣でしょ。7月と8月は薄物かゆかたでしょ。


――はい、従来のいわゆるきもののルールというものに則るとそうなります。


しかし、“5-9きもの”の提案は、着る人を悩ます単衣のルールを「実感に添った新セオリーで着るきもの」として制作したことです。


 


“5-9きもの”の定義
もう暑い4月・5月から単衣だっていいじゃない――


まだ暑い9月~10月だって綿麻でもいいじゃない――


 


そう、単衣と薄物をまたぐ“5-9きもの”の条件は


 


   洗えること


 


   透けないこと


 


   小紋型(無地感等)であること


 


   暑さをしのげる生地であること
   5月から9月まで着まわせる(デザインである)こと


 


この相反するともいえる各条件をクリアすることで、“5-9きもの”は完成しました。


 


「ロッキューきもの」から進化した“5-9きもの”
実は、『月刊アレコレ』読者ならご存知かもしれませんが、ここ数年、『月刊アレコレ』は69月まで着られるきものとして、上記の条件にあうきものを、既存のゆかたから選んで紹介していました。


昨年、“ロッキューきもの”と銘打って特集したところ、たくさんの指示をいただき、6-9きものというジャンルが浸透し始めました。


 


ただ、上記の条件のなかで最後の暑さを排除するという点が、既存の商品では完全にクリアできなかったのです。木綿100%はゆかたならともかく、きもので着るには暑い。綿麻は数が少なく、かつありきたりの縞格子。そういう意味では、小紋型であること=デザインのカッコよさ も完全クリアとならず、でした。


しかし、着る人の中での話題性から、求められているきものなのだという実感を持ちました。


 



 “5-9きもの” meets「着る人委員会」
 そこで出会ったメーカーさんが、ロッキューきものがとてもおもしろいコンセプトだから着る人が欲しいとい
うそのきものを作りましょう、とおっしゃっていただける機会を得たのが昨年の9月でした。
ちょうど「着る人委員会」が発足して、あっという間に160人強の委員が登録くださり、
さっそく委員の皆さんにアンケートを実施。
着る人の声が届いた商品やアイテムが欲しいーーそんなタイミングもあって、
着る人、売る人、作る人が一つのプロジェクトを作りスタートしました。
もちろん、なかなかにスムースにいきませんでしたよん。


 
 洗うことを前提とした生地から製作


“5-9きもの/ごっきゅうきもの”の定義の大事な部分。
  洗えること
いままでも洗える素材はありました。 木綿も麻も、綿麻も。
でも「洗うこと」を前提に開発製作した天然素材の着物って、多分なかったと思います。
洗うこと=縮むこと。 そして、生地が柔らかくなるのはいいけど、へたってはなりません。
そのためには最初から普通より幅がある生地にする、縮率が少ない生地を製作する、洗ってもハリが無くならいようなしっかりした生地を目指す……
そしてたどり着いたのが 綿70% 麻30% の綿麻です。
……で思うのが、
「あら、綿70% 麻30% の綿麻だったらいままでにもあるわ」
「そうそう、わたくしも持っているわ」
いえ、それが、違うのですよ。

「綿70%と麻30%」の表記だけでは見えない中身。

“5-9きもの”の定義として、暑さに対応する生地であることを挙げています。
それでいて“透けない”生地であること。
この真逆のような条件をクリアしたのが、今回の綿麻。
「綿70% 麻30%」の綿麻は確かにあります。
しかし! 綿麻の割合が同じであっても、
  糸の細さ、太さ、質が違えば、 
  生地の特性はまったく違うものになります。
だから、綿麻7:3の割合の表記だけで同一と思わないで――。
表記だけでは見えない中身があるということです。
こうして、できた生地が“5-9きもの”の白生地です。
途中、白生地で発注したものがなぜかグレーで上がって来るという
目が点……というか、な事件も勃発。

もちろん、速攻、織り直しです。
そしてスタートが当初ロッキューのつもりで5月スタートだったのが、
“5-9きもの”となって4月スタートになったため、いまも白生地せっせと織って、
晒して、絞って、染めています。 浜松→大阪→京都・東京 時間がかかるけど、
納得の行く生地と晒しをするためのルートなのです。
「ありそうでなかったデザイン」ー絞りの付下げ風柄付けと、小紋型染め
着る人が欲しかったのは「ありそうで、ない」きものです。
今回売る人、作る人もともに参画して思ったのは、
従来の作り手・売り手の発想は「いままでにない!(きっぱり)」商品を作ることがプロであり、
着る人のためだと思っていること。
もちろん、それは間違っていません。しかし、着る人は、
明らかに差異が分かるデザインより「ありそうで、なかった」デザインを欲しているのです。
それは着まわしをしたいから。でもありきたりではやはりヤなわけで(笑)、
着るだけでちょっと違うオンナに見せてくれる(笑)きものがご要望なのでした。
奇抜はイヤ。デザインが頑張りすぎるのもイヤ。
一見普通のデザインだけど、実はちょっと違う、カッコイイ、カワイイ、
女子力4割増し、みたいな。
冷静に考えてみればすごいワガママです(笑)。
普通の柄だけど、着ると普通じゃないとか、ありえない様な注文です(爆)
でもそれが着る人の求める着物だったわけです。
そんな魔法みたいな着物、あるかい!?とゆーハナシですが、
ないから「作る」んです!
 待ってたよ。大人の綺麗で、清潔なレトロテイスト。

そして作ったのが、絞りや小紋型を使った、
  大人の綺麗なレトロを中心にした、
  着回しやすい小紋型や付下げ風デザイン。
絞りも、小紋型もいくらでもあります。ーー絹物なら。
綿麻だって、昔からあります。でも、綿麻で絞りや小紋型を使って、
しかも帯や小物までトータルに揃えたアイテムって、絶対なかった。
普段着だけど、おめかしテイストもあり、着方と好みで自在に着分けられる。
しかも絞りシリーズは4柄12色で、好きな色で染められる別注感覚です。
これもいままでに木綿や綿麻で無かったメニューです。
 帯は、イチオシの自信作、博多献上ーーバニラとチョコレート


きものは“5-9きもの”だけど、帯は通年使えたられしいねと、行き着いたのが博多織変わり献上。
織物って、ロットという製作するための最小点数があるのです。それがロット。
5点や10点ではありません。博多織なら通常60点。
それを今回40点(色違い2配色)で織ってもらったのです。
織元は博多織最古の西村織物。
博多織では品質・生産量ともトップの名門老舗です。
ここでも、ありそうでなかった変わり献上を目指して、きもの同様、
糸の色、柄の配置、線の太さ細さを、西村織物と細かにやり取りしながら、
何点もシミュレーションをしてもらいました。
そして完成したバニラとチョコ。使いやすいのに、
個性的という高い評価のイチオシの自信作です。


 

 メーカーは一流、老舗揃い。
 

“5-9きもの”絞りシリーズは、創業100年になる京都 藤井絞㈱。


あのサントリー金麦の檀れいが着た雪花絞りのゆかたで大ブレークした、絞りメーカーです。


小紋型は創業120年になる、東京日本橋 三勝㈱。


注染や長板染など、ゆかた、木綿に特化した技術を持つ、人間国宝の職人も抱えていた老舗です。


そして帯は、先にも紹介した博多織最古の織元、創業150年になる西村織物㈱。


またもうひとつの帯は、きものびとの間で知らないヒトのいない人気和カフェで、きもの屋さんの花想容店主、中野光太郎氏の半幅帯も特別発表。帯留 いろあそび も製作。


帯留はもう1種類、すたぢおμドルチェ。


その帯留をたのしむための帯締が、日本橋龍工房。大手デパートやきものサOOという雑誌で取り扱われるメーカーです。


5-9きもの”のもの作りは、この底力があるメーカーが企画から共に取り組み、製作した品々です。半端じゃなありませんよ。


カテゴリー

タグ一覧