月刊アレコレ

『月刊アレコレ』Vol.79の「裏技大賞」はすごい!

                  

『月刊アレコレ』Vol.79、もうじき発行です。
創刊以来、連載きくちいまさん「きものの引きだし」が大好評。
可愛い描き下ろしイラストと、書きおろしエッセイがしっかり毎月読める『月刊アレコレ』です。今回は、成人式に因んだ「冠のきもの」です。
また、ぺたこさんこと、石橋富士子さんの「ぺたこスクラップ帳」も、ほんわかステキなきもの暮らしの中で生まれたアイデアや話題を届けてくれます。
そして今号の特集は「裏技・小技・知恵袋」。
「着る人委員会」のアンケートでも便利グッズなどを質問していますが、
2
号続けての特集で、その第一弾です。
勝手ながらいただいた中から、これはと思われる技を独断で裏技・小技・知恵袋大賞として決定。

       

裏技大賞は、帯揚処理の裏技。コレは目からウロコの裏技です。
これはぜひ手にとってご覧くださいませ。
そして小技大賞も、これが即効使えるタッセルおしゃれ技を紹介しています。
みやざが見つけたタッセル専門店(!があるのです)も掲載していますよ。
『月刊アレコレ』読者は走るしかないですね ε=ε=ε=ε=┌(;
)
そして、「きものびと十人十彩」は、「着る人委員会」イベントや、その中継のユーストリームを見た方から「あの呉服屋さんは誰?」という声が上がった、蒲田ひつじや店主・上田さんです。 ある意味、知る人ぞ知る、カリスマ的店主です。
これはぜひ! 呉服屋さんにも読んでほしい!

  

『月刊アレコレ』創刊以来、初の純正(笑)呉服屋さんのきものびとです。
(リサイクルなども扱うきもの屋さんはありました)
何しろ着る人、ユーザーから「どうして同じ産地、同じ柄の、同じ商品が店によってあんなに価格が違うのですか」という質問に、
  「呉服屋が勝手に決めるからヨ」と言い放った方です。
いえ、ここだけ取り上げると随分乱暴で、誤解も招きそうですが、そのココロは――
きちんと謎解きもしてくれました。しかしこういう質問を真っ向から受けてくれる呉服屋さんはそうそういません。
「着る人委員会」の売る人代表として席についてくれたひつじやさんと、西尾のあづまやきものひろば(あづまや呉服店)柴川さんが答えてくれました。
それに対して答えられるということが、誤解があるかもしれませんがまっとうな呉服屋さんだからです。
もちろん、ほかにもきちっと説明し、自信をもって自店の方針を語れる呉服屋さんだって、もっともっとあると思います。
着る人の立場から意見を吸い上げる、或いは着る人の目線で編集している『月刊アレコレ』の考え方は、じゃあ、最終的にどこへ落とせばいいのか、となると、
やはり、作る人や売る人に伝えること、だと思っています。
ある意味、そこが大手出版社から出版されているきものの本とは違うところかもしれません。
だから『月刊アレコレ』全国の呉服屋さんに取扱っていただいています。
『月刊アレコレ』はどちらかと言えば呉服屋さんには辛口だったりします。
リサイクル商品だって、そういうお店の店主だって取材します。
そういう編集方針が分かっていて取り扱っていただいています。
さて、今回のひつじや店主、どんな辛口が飛び出すやら。
しかし全てにきものへの愛情が感じられる店主の言葉です。
これは呉服屋さんにも読んでほしいな~。
『月刊アレコレ』の購読申し込みはこちら! 裏技を知ってもっときものを楽しもう!
因みに次号は、手作り編の裏技特集です。こちらもお楽しみに ^^

カテゴリー

タグ一覧