月刊アレコレ

新年おめでとうございます。Vol.66、出ました!

Vol.66皆さま、遅れてましてナンですが、
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
5日発行の月刊アレコレですが、年末年始は27日発送で年内ギリよ~、みたいな、年明けだって仕事始めは混んでるし、5日にはムリムリーみたいな、世にも悲しいお知らせを印刷屋さんからもらい、
泣きながらガンバリました。
ですから、皆さんのお手元には月刊アレコレ、年内に着いていると思います。
やればできるコなんです 
フンッε=ε=ε( ̄^ ̄)
(だったら普段からやれってハナシは無しでお願いします)
2011年からしっかり前振り長めでいってますが――
今号は「二人できもの」――ご夫婦、ペアでのきもの。
そして月刊アレコレ初の男性きものも取り上げました。
狩野さん、小上馬さんご夫婦、大人の〝そぎ落とした〟カッコ良さがあります。
伊藤さんご夫婦は、個性的なコーデで木綿の良さを再認識するセンスの良さです。
また、特別すべきは「大宮 田中屋」さん!
本当に着物を熟知・実践している人だから紹介したかった呉服屋さん。
ユニークで、繊細で、大胆で、素敵な呉服屋さんです。
「うちはなんか男性客が多いのよね~」と笑う美大日本画科出身の店主と、そのお母様で切り盛りしているお店です。
そしてもう1人はネットでは「木綿のコダマさん」で有名な
宮崎の児玉さんにアドバイスを受けました。
「ネットのこだま」さんのほうは実は息子さん。御年30歳。
大学生のときから自らがきものを着たくて着ていたといいます。
実家が呉服屋だからではなく、「きものが好きでこの業界に入った」という頼もしい後継者です。
ぜひぜひ、彼とご主人のきもの始めを。
目からウロコのスタートダッシュなアイデアですw
7年目の月刊アレコレ、ご期待下さいねー。
お申し込みはこちらからポチッと、どうぞ。

カテゴリー

タグ一覧