月刊アレコレのイベント

復刊『月刊アレコレ』第1回イベント のお知らせでーす♪

粒ら半衿皆さーん、お待たせしました。
復活『月刊アレコレ』のお久のイベントでーす。
鳴海さんの粒ら半衿(みかん半衿)のワークショップと、アレコレで紹介したコーデや、チーム∞アレコレが制作に関わった、私たちが欲しかった木綿・ウール・シルクウール・木綿帯の普段きものを紹介展示します!
まずはワークショップの彩詠さんからのメッセージ
「和*榮堂 の 彩詠オリジナルの 『粒ら半衿』 は、着物乙女のための月刊着物雑誌 「a/r/e/c/o/l/e」から生まれました。
Vol.59 に登場した、みかん着物のみかん半衿が最初です。
細い糸に色とりどりのビーズの粒を通して編んだ編み飾りが、軽やかに衿元を飾ります。
衣紋の抜きから衿元に沿って、衿に絡まるように見えるのが特徴です。
彩詠が気の向くまま編み上げているので、すべて一点ものの粒々な編み飾り。
今回のワークショップでは、1点ものの編み飾りをお手持ちの半衿に縫い付けて、自分だけの『粒ら半衿』を作って頂きます」
今回はワークショップだけでなく!
復刊後のアレコレに掲載されたコーデやアイテムを同じ会場で紹介いたします。上の画像のあづまやさんのみかん染め木綿きものも手にとって見られます。また最新号の簡単きもの特集の「はじめてきもの小梅」さんも出品参加。もちろんご購入も。
街色1また、このブログで前々からご紹介していた彩詠さんとみやざがチーム∞アレコレとして、木綿の老舗三勝さんと取り組んで製作していた、着る人目線のいままでにない普段着物と帯が完成~~~しました。
発表会に先駆けてご覧いただけます。従来の木綿やシルクウールにはない色「街色」をテーマにキレイ色も取り揃えましたよーん。
帯も老舗三勝さんだから可能な昔の型紙から作った復刻版です。(上の帯)
街色2地下に眠っていた型紙。現場のおじさんたちにはただのヨレヨレの古い型紙にし見えないらしく(笑)、放置状態。
でも二人で見たらもう、興奮、ヨダレものの、「超新鮮デザイン」なのでございます。
二人で何日も何時間もかかって、地下に行っては掘り堀り、発掘作業を行ってのセレクト柄です(笑)。(←この““ウィークエンド ストライプ”のブライトグリーン、実際はもっと透明感があります。これは濃いーー;)
新作チーム∞アレコレ
何百枚と見た中から、これだーーというドキドキ、キャーキャーな柄を映した帯やシルクウールの着物たちです。(←このチェックもシルクウール♪)
お気に召せば、ご購入、ご予約もできます。
今回の着物は木綿・ウール・シルクウールと、普段着物で356日楽しみたい方には超お勧めです。
この素材が一堂に見られることって、まずありません!(断言)
だから「お気に召せば」の展示会です(笑)。
でもお気に召さなかった方でも、申し込めばトークも(無料)、半衿ワークショップ(有料)も、人形町散策もついてますので(無料 おっと、あたりまえ 笑)、損はないかと思います(笑)。
最近、今まで以上に木綿着物の底ヂカラを感じるみやざ。
絹物を着る楽しみももちろんありますが、木綿やウールって別アイテムなんですよね。
確かに絹物より着る場所は選びますが、逆にいうと絹じゃなきゃダメというシーンもそんなに多いわけではなく。要は使い分けです。
イマドキなら、居酒屋女子部会、きもらく(着物で落語)、きもそば(着物で蕎麦屋)など、飲み食いしても多少ハメをはずしても気にならない普段着がいいじゃないですか。
というわけで、通年単衣でOK、手入れも簡単(洗えると思えば子供が一緒でも平気です)。価格もお手ごろと。あとは――、あとは、
欲しいものがどこにあるのだーー、が問題でした。だから今回、製作にノッてみた(笑)。
しかも彩詠さんのきものトークもございます。こちらは無料ですが、事前お申込みで先着20名とさせていただきます。
彩詠さんに着付けやコーデのコツをQ&Aで聞いていく、参加型トークです。ぜひご一緒に。トークのお申し込みはこちらから。(ワークショップとは別です)
会場の人形町はつ最近まで「新参者」で賑わっていましたが、もともと着物が似合う、美味しい物がたくさんある街。
参加後の散策も楽しい。――というわけで、1日でメいっぱい楽しめる『月刊アレコレ』人形町イベントへ、ぜひおでかけして楽しみつつ、復刊後のみやざを叱咤激励してください(笑)
■日時/9月4日(土)
 1)木綿・ウール・シルクウール「お気に召せば」の普段きものの展示会
    10:30~16:30
 2)鳴海彩詠のコーデと着付けのQ&A 参加型トーク
    13:00~13:40(無料・先着20名
 3)粒ら半衿ワークショップ
   15:00~16:30(有料 12名)
■場所/三勝株式会社1F 中央区日本橋人形町3-4-7 
■アクセス/日比谷線・都営浅草線の人形町駅徒歩2分 半蔵門線水天宮前駅徒歩7分

カテゴリー

タグ一覧