コーディネート

月刊アレコレ、9月の着物と半衿―2

9月の着物29月の着物、第二段。
こちらは9月12日の月刊アレコレのイベント、「ぺたこさんのワークショップ」のときの、みやざのいでたちでございます。
実はこの夏銘仙、薄物なのですが、生地感と濃い色との連係プレーで(笑)、
薄物っぽく見えません。
むしろ濃い目の色が秋っぽくて、9月前半によく着るアイテムです。
いつもこの説明を繰り返しながら、「でも、ほら透けてるでしょう~~」とペラリと身頃や袖を肌蹴て生地向こうを見せるみやざ(笑)。
何回目やねん。
月見半衿この日もまんま、同じ説明を参加者にしてました(笑)。スマン。
帯は絽の染め名古屋。帯締めは龍工房のぼかし。で、半衿。
これ、なんかいい感じじゃないですか。ちょっと複雑な、でも複雑すぎない程度の色目。
実は月刊アレコレオリジナルのぺたこさんの半衿「月とウサギ」なんです。
Vol.56、9月の半衿なので素材はまだ麻です。
でも生成りの麻なので、意外に麻麻してなくて10月でも使えちゃうかな(笑)って、感じで気に入ってます。
購読者の方は本誌で写真、見てますよね。
ぺたこ月見半衿これです。やるとまた雰囲気が違うでしょ?
そこが着物、半衿の楽しいところです。
欲しい!という方はこちらで。まだ在庫、ありますよ。

カテゴリー

タグ一覧