コーディネート

昨日のみやざ着物。

藍染紬昨日、「長屋暮らし展」に行った時のみやざ着物です。
みやざが帰ったすぐあとにぺたこさんも見えたとの事。すれ違って残念です。
昨日アップした、みやざがお買い上げした栄堂の羽織紐。
偶然にも同じものを(石の色がちょっと違いますが)ぺたこさんもお買い上げしたそうです。
「オソロです」とぺたこさんからメールを頂戴しました(笑)。
昨日の着物は藍染めの紬に相良繍いが施された洒落袋帯。
この紬は20年くらい前に誂えたものなのですが、
ちょっと昔風の可愛さを出そうと思いついて、袖裏に紅絹を使いました。
(あ、袂の写真も撮ればよかった…あとでアップしますわね)
現在もそうですが、当時でもすでに紅絹は普通に売っているところがなく、知り合いの白生地屋さんに頼んで、問屋さん経由で入手したのですが、
なんせ小売りがない紅絹(当時はほとんど祝着とか舞台衣装の用途だったと思います)。
一疋(二反分)での購入になりました。着尺ならともかく、紅絹を1疋買ってどうするんだ??ってハナシですが、
その頃はどうしても紅絹にしたかったので、お買い上げしちゃいました。
だからいまだに残ってるんですが、ある意味貴重なお宝です(笑)。
当時はまだそんなリサイクルとかアンティークとかが時流でなかったから、
そのレトロっぷりが「カワイイ~」と思った若かりしみやざ。
ちょっと着物を知ってる人だと、「おや、紅絹にしてるのねー」なんて感心してくれたものです。…がっ!
……いまや…その紅絹が真逆効果(笑)で、誂え着物なのに、
誂えに見えない、ちょっと悲しい着物としての憂いを漂わせる紬になってしまいました。
紅絹を使っていることでアンティークに見えちゃう。
アンティークならいいけど、当然のことながら表地は無傷(笑)。
地味な藍染め紬ということもあって、「中途半端な(立派な(笑))リサイクル着物」に見える今日でございます。
いえ、リサイクル着物がキライと言ってるワケじゃないんです。
みやざもいっぱい持ってますから。でも、でもねぇ~……
着物流行りはうれしいけれど、ちょっと複雑な心境をもたらす紬なのです。
あーー、時は流れるのでござる。
  ミラボー橋の下をセーヌ河が流れ
  われらの恋が流れる 私は思い出す
  悩みの後には楽しみが来ると   
  日も暮れよ 鐘も鳴れ
  月日は流れ みやざは残る
アポリネール出すほどじゃない?(笑)。
思い浮かんだだけです。そこまで昔のヒトじゃないし(爆)。
で、残りの紅絹は還暦のちゃんちゃんこにでもする?

カテゴリー

タグ一覧