日記・つぶやき

美波の「彼の島/彼女のサンゴ」、今日NHKで。

minami女優の美波です。
ティーンズのファッション雑誌minaで、十代にカリスマ的な人気を誇った彼女ですが、
いまや野田秀樹の舞台や蜷川幸雄監督の舞台「エレィンディラ」の主演、映画、ドラマにと活躍の場を広げている気鋭の女優です。
振袖のキャラクターを務めている関係で、この3年間、取材でお付き合いさせてもらっています。
いいコなんだよね~。
まだ高校を卒業して間もない、むしろ今どきの18才より子供っぽい雰囲気を残していた少女が、いまや蜷川監督の舞台で主演を張る――。
今月からはチェーホフの「かもめ」(栗山民也演出)で、藤原竜也、鹿賀丈史らと舞台で共演。(初日は20日)
細い細い幹で立っていた樹木が、大地にしっかり根を張りながら、空をめがけてのびやかに枝葉をつけていく様子を間近に見ているようです。
気分は保護者?(笑)
うーーん、最近弱っている(笑)みやざとしてはまぶしいほど。
イヤイヤ、その場で立ち止まって見上げてばかりじゃ、イカンだろ(笑)。
まだまだ負けないぞ・・・・・・年では絶対!(そこかい…)
で、今日、NHKの環境保護キャンペーン番組の口火をきるのが、
美波主演の「僕の島/彼女のサンゴ」です。
画像はNHKの「スタジオパーク」にゲストとして出たときの美波。
蜷川監督のオーディションで選ばれた演技と個性と美貌、観てください。

カテゴリー

タグ一覧