コーディネート

殺人容疑をかけられたみやざの桜羽織。

桜羽織本日はどこもかしこも桜、
その桜が満開・真っ盛りの季節に、桜を着るのはむしろ無粋というもの……なのですが、
行き先は銀座。花見という場所でもなし。
かてて加えて「紅葉から桜まで」と俗に言われる羽織。
ここで着なくてどーする!?(笑)という訳でもありまして。
その羽織の後ろはこんなですネ。
我ながら、中々にたおやかではございませぬか…との自画自賛(笑)。
なのに、このみやざにですよ、「殺人容疑」ですとぉ~~~!?
(ナニげに、いきなり例の話題に入ってます(笑))
ハイ、続きは次のブログで(笑)。
桜羽織後姿その前に羽織の中身(笑)です。
相変わらずマイブームの無地、本日は染め無地。
お茶でも着ますが、これは紋を入れてないので(正式には一つ紋の無地です)「おめかし普段着」にも着ます。
でもネ、考えてみれば、羽織を着るなら、
一つ紋付でも隠れるから、別に普段着テイストで着られちゃうワケです。
「アタシのは紋入りだからダメだわぁ~」と、あきらめないでっ! あるものは着まわしましょう。
アレコレ流『袂に知恵と工夫』です(笑)。
そういえば、月刊アレコレ「今月の和ードローブ」のアイテムは無地でしたね。

カテゴリー

タグ一覧