コーディネート

着物のお正月の定番コーデ。

お正月みやざのお正月3日の着物は、はんなり系小紋。
普段着とは違うきちんと感が、お正月ならでは。
毎年、必ず1回は締める「お正月の帯」と、この帯に合わせて買った帯締、帯揚は定番のお正月コーデです。
お正月の帯お太鼓の柄が上手く出ていませんね。(―oー;
タレの注連飾りがお太鼓と重なってひとつになるようにしなきゃいけなかったのに…。
いまさんお正月半衿半衿はきくちいまさんのオリジナル。
月刊アレコレVo.10で「半衿一枚が伝えるもの」と題して、いまさんが友人の結婚祝いに花嫁半衿を作ってプレゼントしたというお話。
図案の段階では、ご主人から「うに?」と言われたという(笑)松の刺繍が入った、お祝い事にふさわしいデザイン。
「(刺繍の)型を作ったので」と、みやざにも下さった半衿です。
アレコレのショップでも扱っておりました。
昨日は更紗にこの帯を合わせたのですが、
お正月の定番コーデはこの帯を中心にいくつか決まっています。
カレンダーや「和ードローブ」でも提案していますが、
自分なりの決めの定番コーデを考えておくのも、いいよね。
…で、確認したら、デザインがちゃんと写ってないぢゃん~~~。
ゴメンナサイ、あとできちんと撮ってアップします。

カテゴリー

タグ一覧