コーディネート

お茶のお稽古と自転車のハナシ。

お茶一昨日、お茶のお稽古でした。風炉から炉へ、炉から風炉へ変るときはいつも「初心」に帰ります(爆)。
初いヤツじゃ…って、違うだろー。(ーー; 
心得のある方は、ヘンな居住まいになっているとお思いでしょうね。これはお点前中ではなく、他の人がお点前したあとを片付けている最中にブログ用に1枚撮ってもらったものです。
基本、お茶は白半衿、白足袋、帯留などのアクセは無しですが、
お稽古のときは白足袋だけはきっちり着けますが、
あとはお許しをいただいてその日の装いのままにお稽古しています。
今回は自転車だったので、(手入れも楽な)川越唐桟。
小紋柄の名古屋を合わせております。
これに“みやざコート”と帽子で疾走、なのですが、
信号待ちで白い足袋に気づいたオバサマから(って、アナタもねって突っ込みは置いといて(笑))
「まあ、着物で自転車、乗れるのね~」とお声が。
「あまりオススメできることではないのですが……」とか言いながら、
「前が広がらないようコーリンベルトで上前と(後方の)お端折りを留める」ことや、
「二枚歯の下駄は危ない」ので、
「木製ではない普段履きの草履下駄タイプがいい」とか
「木綿やポリが安心ですよ」とか、
しっかり手ほどきしているオンナはアタシです(爆)。
きものブログで書いていただいたせつさんも乗ってたなー。

カテゴリー

タグ一覧