月刊アレコレ

次号の「きものブログリレー」の彩詠さんと。

彩詠さん昨日は朝から芝居見物、お気楽みやざ……じゃございません!
そりゃあ、趣味も兼ねてないとは言いませんが(笑)、
次号の「きものブログリレー」の写真撮りのため、彩詠さんと歌舞伎座前で落ち合って、
人が込み合う通りのど真ん中で撮影し続けましたヨ。
で、そのまま3階のお席でご一緒いたしました。
因みに3階はお安い2500円。視界が狭いですが、十分楽しめます。
大好きな吉右衛門丈と、みやざの永遠の「王子」(笑うとこじゃございません!)、
仁左衛門丈を久々に観ました。
美しい~~~~、溜息が出るほど美しい舞台のお姿でございますよーーー(涙)。
もちろん、着物姿も忘れずチェックチェック。
ヘンな言い方、今までの「いかにも」な「歌舞伎オバサマ」とは違う方の着物姿が多ぅございますね、最近は。
年代的にも彩詠さんのように若い方から、みやざのようにあまり若くない(笑)方まで。
そして…こういう言い方しちゃいけないかな、
これまでよく見たちょっとばかし「鼻に付く」キンキラ以外の方が増えた。
彩詠さん、お顔はアレコレでお披露目なので後姿でごめんなさいネ。
彩詠さんも尋常ならぬ吉右衛門好き。
本日は秋草文様が地紋に入っている染め小紋。はんなり、よく似合ってます。
目に入る飛び柄の蝶は(ちょっとわかりにくいか?)、フフフ、分かる人には分かる、
そう播磨屋を屋号とする吉右衛門の定紋は揚羽蝶です。
これが着物の楽しみ、歌舞伎の楽しみです。
彩詠さんはおばあちゃまの着物箪笥一棹が、お母様の着物も付いてどーんとやって来て以来の着物生活だそうで、
う、う、うらやましい~~~。
ほとんど直さず着られるらしい~~~。
みやざも受け入れ態勢はいつでもおっけーなんだけど、
来ないんだよね~(笑)。遠慮深く見えるからかしらん(爆)。
人の好意は快く受けるタイプです、みやざ(笑)。
着物を放出すべきかどうかお悩みのアナタ、お気軽のご相談ください(爆)。
ところで、本当に最近の銀座界隈は着物姿が多いですよ~♪。
♪(もっと)みーんな出て来い来い来い~♪

カテゴリー

タグ一覧