日記・つぶやき

都会に置き去りにされた夜。

昨夜、みやざは都会を漂浪する孤独なオンナを体験いたしました。
一銭もお金を持たず、携帯もなく、ものすごい荷物抱えて自宅から遠いある駅前で佇んでいた1人の美女(←いつからそんなストーリー?)。
ご存知の通り(ストーリー上、ご存知じゃない方はこの際ムシさせていただきます(笑))、
野球小僧の息子に付き合って、昨日も朝4時より活動開始していたみやざえもん。
公式大会で先発していた息子が背中の痛みを訴え、
試合終了後、救急で知り合いの病院へ――。
原因はわかり、治療し、とりあえず痛みが治まるまで運動禁止、荷物を持つのも禁止ということで、息子の荷物はみやざが持ち帰ることに。この時点ですでに午後6時。
みやざはまだその後もチームの保護者会。息子に財布だけ持たせて帰宅させ、
用事を済ませた後に知人の車で最寄の駅まで送ってもらったのでした。
ハイ、このアタリから核心に触れていきます(笑)。
いや核心も何もアキレルほど、単純なハナシでごめんなさいよってなもんですが、
そ、車の中にバッグを忘れ、知人は気づかないまま帰宅。
………ヒェッ~~!?
気づいてからというもの、息子の荷物から自分の荷物まで小銭を探して、
えーーーえ、あたしゃ、人目も気にせず引っくり返しましたともサ(爆)。
でも、でも、ないのよ~~~。
切符? ―買えない? 携帯? ―ない? 公衆電話? 
だから1円もないっつってんのよっ! わかんないヒトねー(笑)。
家まで歩いたら?   どんだけ~~~! 
大体にしてみやざの荷物、野球バッグってご存知かい? 
試合終了後の甲子園のベンチから通路を引き上げる球児たちが肩から提げているアレ、あれねー、実は思っているよりデカイんですよ。
うちは朝の時点でアレに着替え5~7枚、タオル2枚、グラブ、ボール、水筒&凍らしたペットボトルで1.5L位、チーム指定の超デカお弁当箱、チームで持ち寄るジョグ用牛乳1Lパック氷。それにスパイク、バット、うちは投手なのでアイシングセットもですよ~~~。これも、どんだけ~~~です。
で、当番の親も飲み物、水、氷、各種食料。
因みに昨日のみやざの荷物、言ってあげましょうか? すんごいゾ。
水2L、お茶2L、お湯1L、ホットコーヒー1L、アイスコーヒー1L、ベンチスタッフ用ペットボトル500ml×2で1L、牛乳パック氷1L、ロックアイス1K。水分にして10L分です。これにプラスの諸々ですわ。
どーだっ!参ったか!エッヘン…じゃなくて、コレを当番保護者それぞれに持ち寄るんです! あー、野球ってタノシイッ!(ヤケクソ(笑))
コロコロのクーラーバッグより、ご覧の通り、野球用バッグのほうが大きいんですよねー。
ま、帰りはもちろん消費した分、荷物は減るんですがね。
とにかく、そんなモンが入っていた荷物を手元に、
  
   ヒュ~~~~
都会の真ん中で、初秋の夜の秋風がさらに
不安な気持ちの温度を下げるのでした。――すでに午後9時。
なんか語り、核心に触れてからが長いゾ(笑)。
一度終了。時間を見てお仕事ひと段落してから、
本日中に『みやざ都会のサバイバル生還譚・後編』をお送りします(笑)。

カテゴリー

タグ一覧