日記・つぶやき

栃木蔵の街かど映画祭。

ミカド珈琲商会の広報・ツナシマさんから案内をいただいた。
「栃木市で映画祭が開催されるのですが、ミカド珈琲も協力しているんです」
31号「きものびと十人十彩」で登場してくださった早大生の菅原さんも参加している着物イベントの団体が企画したもので、
スタッフの1人が出身地の街起こしとして映画祭を考えたそうで、今回が第1回目だそうです。
菅原さんを紹介してくださったのが、やはり「きものびと」でご登場願ったミカド珈琲商会の鳴島佳津子社長。
社長の気質がいきわたって、着物が大好きな社風(笑)。
着物振興に熱心な、呉服業界としては本当にありがたい存在なのです。
春先の鎌倉で行われた着物イベントにも協力、社長もツナシマさんも着物で参加。ツナシマさんは珈琲会社にお勤めなのに、
そのために着物を購入したほど(笑)。
呉服屋さん、見習ってくださいよーと、言いたい。
栃木市が蔵の街って、知ってました?
蔵の街というと「川越」のイメージがあるのですが、
栃木市も蔵が多く、街かどにあるそれらの建物を利用しながら、
既存のフィルムを上映するというイベントです。
それに合わせて各種イベントも行われますが、着物で歩くイベントもそのひとつ。
お近くの方、お出かけになって、ついでに美味しいコーヒーも1杯、いかがですか?
横山郷土館で美味しいミカドコーヒーを供することができますヨ。
●日時:10月6日(土)~10月8日(月・祝)の3日間
・11:00~ / 15:00~
※数に限りがございます。
●場所:横山郷土館
栃木市入舟町2-16

カテゴリー

タグ一覧