日記・つぶやき

プロデューサー・王東順氏のセミナー。

この方は王 東順氏です
「クイズ!ドレミファドン」「なるほど!ザ・ワールド」」「オールスター大運動会」「新春かくし芸大会」「平成教育テレビ」等々を手がけた元フジテレビ敏腕プロデューサーです。
当ブログにも時々コメントを下さるKanさんの企画した
王さんのセミナーに週末の土曜日、参加してきました。
テーマは「お客さんに感動してもらうエンターテイメントな演出とは」。
一応言っておくと、みやざが“そっち系”へ転向を考えているということではありません(笑)。ま、歌って踊れて駄洒落が飛ばせる編集人も悪くないんですが―(笑)。
「制作」、一つのものを作り上げるまでの物理的、
精神的迷路をどう通り抜け、出口へたどり着くのか――。
その辺りがみやざの関心事でした。
こう見えてみやざ、意外にお仕事には真摯なのですよ、いやホンマですがな。(←すでに迷路に迷い込んでいるヒト)
王さんの思考回路は、例えて言えば、棒高跳び。
限られた助走から一気に、飛ぶ。
スタートから予測されるコースを走ることはしない。
王さんが常日頃から張り巡らせている
アンテナがキャッチした“ナニカ”を棒に、飛び越える。
同じものを見ても、人によっては同じに見えていない、ということがあります。
どころか、その“ナニカ”が“見えない”人もいる。
王さんの言葉を借りれば「気づき」です。
それにしても主催者kanさんと知人だとは言うものの、
講演依頼.comに講師として名を連ねる伝説のプロデューサー王さんのセミナーが、
給料日翌日の、「今日はちょっとリッチな昼飯にしよっかな」程度の受講料とは。
「王さん、スミマセンね」というkanさんの言葉に穏やかに笑ってましたけど、
現場では鬼らしいです(笑)。
たまたま近い席に座った方が、王さんと一緒に番組制作をしていた方だったのですが、
「いや~、仕事受けるほうははっきり言って、一緒にやりたくないヒトですよ(笑)」。
     

カテゴリー

タグ一覧