月刊アレコレ

着物の寸法について取材。

今日は『月刊アレコレ』の連載「きものの基・仕立て編」で監修をお願いしている祐安夏恵先生のところへお邪魔して、原稿を確認していただきながら、寸法のついてのアレコレを伺ってきた。
まずは「寸法表」を読み解くべし。基本の用語を解説しつつ、その寸法が着物のナニを司っているのかが分かれば、プレタを選ぶときはもちろん、誂えも違ってくる。
まずは身丈や裄や袖丈のこと。これくらいなら知っているという人も多いとは思うけれど、プロの方に伺う話はまたいろんな意味が見えてくるンです。
和裁はもちろん、お針仕事がとにかく不得手なみやざは多分理解が遅くあきれられたかもしれませぬ。
でも、ビギナーのための仕立て・寸法の基礎だもん、アタシが詳し過ぎたらテーマに反するもん、と開き直り(笑)。
基礎知識アレコレとともに、「きものは衿元が大事です」と、ご自分の体型を考慮した繰越、衿肩あきの寸法についてもお話してくださった。
なるほど、メモメモ、たくさん。
「私は首が短く太っているからなんですけどね」と続けた言葉にもつい「なるほど…」――って、オイ待てみやざ。
まあ、とにかくとても参考になるお話でございました。
ご期待くださいませ。

カテゴリー

タグ一覧