きもの小物

保多織り半衿、届いたんだけど・・・。

Pict4568 ふくれ織りの半衿を洗いました。ファンデーションの汚れ線が着いてます。
洗ったというか、エマールに一晩つけるだけ。軽く振り洗いして濯いで、干す。終了。
Pict4537 ところで、先日、このふくれ織りの半衿がどんなにステキな良いコか、とうとうとお話しました。コメントくださった皆さんも同じ意見でした。でも高価なのが欠点とも。正絹だからね。(10/17付けブログ)
で、保多織りを購入した際、このふっくら感に目を付け、保多織り半衿を購入。2枚1組で1260円。――やってきました。

Pict4538 で、で、でも・・・・・木綿展で見たときの印象と・・・・なんか違う。ふっくら感も、色も。
で、一昨日表参道で一緒だったきものびとR子さん、薄手の保多織り所有者が「これは薄手の保多織り」じゃないかと。
木綿展で見た生地見本は自分が選んだきものの中厚、半衿になっている薄手は見ませんでした・・・・失敗。
しかも写真で見てお分かりになりますかね、なんか絽っぽいでしょ、上は。こっちが表です。下が裏。こっちを使えば、まあ、使えるかな。ん~~~保多織りに目を付けた“天才”、敗れたり。

カテゴリー

タグ一覧