取材

きものびと・伊藤ライムさんのライブ。

Suitebeyjil 会社で履き替えた足袋がまたも足に湿り気を伝える。肌寒いほど。
今夜は雨がひどかった。

六本木。芋洗い坂を下ってすぐ。ライブハウス、STB139(スイートベイジル)はある。
月刊アレコレ19号きものびとで取材したシャンソン歌手・伊藤ライムさんのライブへ出かけた。

Onpu
きものびとでも紹介したけれど、彼女はモデル・料理で仏留学・料理家・結婚出産、後シャンソンを歌いたくて習い始めた人。
そして10年。こういうステージに立っている。
今回、ライムさんとユニットを組んだMIDORIさん。元はジャズを歌っていて、理由は知らないけれど、中断。今夜が3年振りのステージという。
その割には声がよく出ていて、こちらも十分堪能できた。
ジャズテイストの「枯葉」なんて、そう聴けるものじゃない。

夢はねー、引き寄せるもの、つまりは自分が向かっていくものなんだよねと、モスコミュールを飲みながら連れと話す。
この日はライブに行くことを考え、音符柄(に見える?)銘仙を着てみた。縮緬小紋柄名古屋と。
写真撮ってくれる係り、不在(笑)。
携帯の内側カメラが切り替わらない(泣)。
で、鏡に向かってパシャ。ユルい写真です。

カテゴリー

タグ一覧