きもの小物

9月、秋のプロローグ。


今日も残暑が厳しい東京です。でも、秋の扉は開かれた。
8月と、9月、それがたった1日の違いでも明らかな季節の線引きを、日本人はしていると思う。

服はそれが洋服であってもきものであっても、基本は着ていて心地良いことが大切な条件ではある。
しかし、時としてそれは私にとっては第一の条件ではない。
ちょっとばかりの暑い・寒いは向こうへ追いやって、初物の季節を装いたいときが、あるよね。

考えてみれば、若い頃は暑い、寒い、(生地が)重いなんてちっぽけなことで、とにかく自分にとってカッコイイことが最優先だった。第一、服の重さを感じたことなんてなかったし。

ある年代からコートを試着したときに、服には重さがあるということを実感するようになっていくんだよね。機能・快適さという条件が、服選び、装うときの尺度にグイッと加わる。
――でも、巡り来る季節に再会すると、
久しぶりに会った旧友を、ちょっと無理してでももてなしてあげたい気分にも似て、
今年いちばんの秋を装いたくなるわけです。

和キッチュぺたこさんの半衿、2枚。薔薇は5月の半衿だけど、薔薇ってちょっとレトロが入っていてこれからも活躍してくれそう。黒地の半衿は秋の吹き寄せ。

ももすずめさんがアップしたぺたこさん半衿を見たら、俄然燃えてしまったみやざえもんなのでした(笑)。・・・・・・・で、きものは何にしようかなー。
(・・・・って、まだ決まってないのか、オイ~(爆)。)

カテゴリー

タグ一覧