月刊アレコレ

象の国と血液型と内臓のハナシ。

「市原に{象の国}があるんです」――クボタさんが言った。
乗馬のハナシから象へ乗り換わったときだ。
{象の国}という響きに、なんかキッチュでうそっぽい、でもワクワクする響きがあって、ツボに入ってしまった。
クボタ情報によると、お散歩、鼻でブランコ、有料エサやりなどができる・・・らしい。
{国}って・・・・。もうアタマは象でいっぱい。 ギュ~ギュ~~。

月刊アレコレの最新号20号「レコレの何でもアリ!」、今回の{血液型外れたら、アタシのせいか!}の話題から、そういえば・・・とみやざの血液型のハナシになった。
スガワラさんはン十年来の職場仲間。
で、外した。「え~~~~見えない~~」。
・・・・・・・
だから、ゆってるでしょ、{血液型外れたら、アタシのせいか!}って。
Imgp2344 ハツやナンコツが大好き。もちろん、砂肝も。でも彼女たちは内臓系、×。みやざが魚を下ろすとき、内臓を取り出すのも、意外と嫌いじゃないと言ったら・・・・。
噛み合いませんでした。そういえば、同じ20号の
「コロンブスの卵を食べよう」は砂肝がテーマだった。湯通しした砂肝をポン酢に漬けるって1品。オススメ。
昨日、会社帰りに寄った焼き鳥屋さんでのとりとめもないハナシです。
「お疲れさま~」なんて手を振って――から、ダッシュで帰って速攻 市原象の国、検索。

――{国}の中に、{勝浦・象の楽園}という、象の老人ホームまで・・・・あった。

カテゴリー

タグ一覧