コーディネート

きものとプリーツスカートの話。

Pict2136_1 ほんっとは、いけないんだけど――。みやざえもんはきものでチャリに乗る人です。(良いコの皆さんはマネしないでください) 諸事情があって、近場の移動や荷物が多いときはチャリでなければ、生きていけないカラダです。(大げさな・・・単純になまけものとも・・・)
で、きものを着ている日で、移動がある日。以前にも紹介したことがある、ご覧のイッセイ・ミヤケのプリーツプリーズのワンピースをアタマからおっかぶって、チャリ仕様きものに変身します。
プリーツなので、横伸びして帯の上からでも楽勝。しかも裾をピッタリ押さえてくれるので、はだけない。サロン風なので、違和感がない。柄足袋でチャリ漕いでても大概はきものとは気付かない。(ま、気付いてもいいんですが)Pict2140_2
さて、中のきものは先日川越に行ったときにGETした、しつけがついたままの銘仙¥3000です。会社のダンボールとツーショット(泣)。いえ、撮ってくれたクボタさんを責めてるんじゃないですけど(笑) 
着たらこんな感じです。身丈がやや足りないけど、そういう時は無理に出さないで、対丈風に。でも本当に対丈で着ているわけではないので、着崩れはしません。やっぱお端折りの役割って、偉大で、ないと着崩れしやすくなりますよね。
帯は義母の羽織を解いて名古屋に仕立て直したものです。きものも帯も、下駄もチャリ仕様。下駄は鼻緒が傷むのがヤなので、専用があります。そこまでして乗るかって・・・。いや、責めないでください。諸事情が・・・。
Pict2143チャリ専用下駄¥1000
そんなこんなで、今日もみやざえもんは校正を終えて颯爽と、走り去るのでありました。オシマイ
(実際は終わっていないお仕事物語、だって印刷屋さんの機械が不調で色校正が不完全。部品替えなければならないんだって。だから色校正本番は、また明日~♪)

カテゴリー

タグ一覧