きもの小物

すぐれものの、腰紐。

PICT1157 今日はお茶のお稽古。きもので出勤(笑)です。前に紹介した、縫さんの腰紐を使ってみました。途中に20cm程のゴムが縫いこまれているものです。(引っ張っている部分)
みやざえもんは普段は腰紐1本に、伊達締め2本を使って着付けます。今回は腰紐はいつものモスリンを、伊達締めに替えて、ゴム入り腰紐を2本使ってみました。一巻き目に気持ち、ゴムを引っ張るようにしてあとは普通にもう一巻き、いつも通りに結ばずに二度からげをします。
いや、コレがいい。締めた紐から上が動かないんです。苦しくもない。多分ゴムの伸び具合がいい働きをしてるんですね。製作者の縫さんも言っていましたが。今日はお稽古なので紬にしましたが(普通、茶道は柔らかモノ)、今度はスルスルの小紋で試してみようと思います。
実は次の月刊アレコレで「きものの基」がリニューアルします。その1回目が”紐を考える”だったのですが、すでに原稿やイラストは完成しているのですが、紹介したかったなぁ。何か機会を考えよっと。

カテゴリー

タグ一覧