コーディネート

ピアノコンサート仕様のきもの。

PICT0615 横浜のみなとみらいホールで行われた「ショパン国際フェスティバル」のピアノコンサートに行ってまいりました。13歳から数々の国際賞を獲得した仏人若手ピアニスト、フィリップ・ジュジアノの演奏、彼の手は何か特別な仕掛けがしてあるに違いない。素晴らしい!の一言につきます。
さて、「野田秀樹仕様」と同じ紅花紬。ピアノコンサート仕様のポイントは帯です。手描きの名古屋。手先にオシドリがちらりと見えるようになっています。紅花紬同様、これもお気に入りのひとつです。半衿は白・・・というより生成色のふくれ織り。最近、ふくれ織りの半衿がどこにもなくてネットでやっとみつけてGETした半衿です。襦袢は「野田秀樹」と同じように見えますが、違います。こんな色目が結構好きなんです。でも、本当のことを言うと、コレにはモスグリーンの襦袢を合わせたかったんだけど、半衿付けにトラブル発生。あと15分で着て出なきゃ!というわけで、こっちになっちゃいました。^ ^; でも、こんなときに音符をデザインした帯がいいなぁ。ほしいなぁ。写真を縮小するときサイズを間違えたので、クリックするやたら大きい。勘弁です。しかも、ちょっと暗くなっちゃったなぁ。

カテゴリー

タグ一覧