バックナンバー

現在地はトップ>バックナンバー>Vol.21詳細>越中睦・取材帖42です。

越中睦・取材帖 42

越中 睦

で、もう一度、今回のソフトの話題に移るのですが(笑)――。睦曰く、「オタクの世界って、ムチャクチャお金がかかるんですよ」。どういうことかというと、睦がオタクになりつつあるということでは、もちろんありませんで(笑)、たまたまハマッたコミックやゲームソフトを普通に専門店で揃えようとすると、ということです。

睦はレンタルショップや友人から借りて「助かって」いるようですが、「『幽遊白書』などは1枚5千円で、それが27巻とか延々とある。揃えようと思ったら限りなくお金がかかる」。そうなんですかぁ? 皆さん、知ってました? 恐るべしコレクターの世界です。もちろん睦はコレクションが目的ではないので、ノーマルにストーリーを楽しんでいるのですが、その楽しみ方に睦のオリジナルがある、というわけです。それが前回のクイズなのですが、『MONSTER』の主役、天才外科医・テンマは唐沢寿明さんという睦の“配役”、その理由は(2)、心理的表現が上手そうだからということでした。ではでは、また次号をお楽しみにー。

最近凝っているゲームソフト

最新の「月刊アレコレ」を読むには...購読申込みページへ

<< 越中睦・取材帖 41越中睦・取材帖 43 >>