バックナンバー

現在地はトップ>バックナンバー>Vol.12詳細>越中睦・取材帖23です。

越中睦・取材帖 23

越中 睦

オリンのテンションの高さをキープすること、見せ場であるガスマスクの場面での工夫、1人何役も演じる楽しさなどを話してくれました。そのなかで、睦がテレビである人物が言っていたことが参考になったと、おしえてくれたことがありました。「――ヤクザの芝居があるとするでしょ。そうすると、大体はポケットに手を突っ込んでタバコを吸ってるか、貧乏ゆすりするっていうのが定番になっちゃってる。その人はそういう役者は嫌いだと、楽してると。ポケットに手入れた時点で怖く見えるだろうみたいな。そういうのをやめたらどんな芝居になるかというと……」。なるほどなと、睦は次の日の芝居はそのことを意識してみたといいます。睦、ナイス役者根性です。ところで、テレビでそれを言っていた“ある人物”って、誰でしょう?……がクイズです。

(1)真田広之 (2)松本人志 (3)北野武 (4)哀川翔

???

最新の「月刊アレコレ」を読むには...購読申込みページへ

<< 越中睦・取材帖 22越中睦・取材帖 24 >>